日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

2018年09月07日

地震から2年と4ヶ月過ぎました。

時のたつのは早いのもで地震から2年と4ヶ月過ぎました。

地震のあと、地震判定で家が大規模半壊判定され、

大家さんからは、
「危ないから、早く出て行ってくれ」
とせかされ、

でも6人で暮らせる広いアパートが方々探し回りましたがなくて、

「それじゃあ一軒家を買うか」
と言う話になりましたが、
「家+駐車場5〜6台分ないと商売が出来ない。」
と言われ

探してもなかなか条件の合う物件が無くて

「新築しょう。家賃払うのが勿体ない。」
「家賃をいくら払おうが自分の物にはならないんだから、この際建てよう」
という事になったのですが、

今持っている土地に建てようとしたら、なんとその土地の近所の家の水道管が土地の真ん中を通っていて基礎工事も出来ないと言われました。

何とかしてその水道管を他に通してもらえないかとお願いしたのですが、

「お宅のおじいちゃんが、いいって言ったんだからどかさない。」
との事

お爺ちゃんが良いよって言いていたのは、何十年も前の事でその頃田んぼだったから、こんなことにはならないと思ってOKしたそうで。

水道通してあげてるのに土地代貰ったとこないし、私はまったく知らなかので驚きでした。

そのご近所さん、人が困っているにの知らんぷりのうえ、人の土地を借りてるのに何とも思っていない非常識。休みの日には子供が帰ってきて空いてるからとうちの土地に車を泊めている。もちろん無料(これも私は知らなかった)

「爺ちゃんが言ったから工事したんだから。その時の書類あるのよ。」
と強気な発言も頂きました。

家族に話したら。
「そんな人と、ご近所付き合いしたくない他を探して」
と言われ、でも、
「いま住んでる村から出たくないな」
などある筈のない物件の条件がを出され、ほとほと困りました。

不動産会社はもちろんや農協に遊休地がないか聞きに行ったり、現地を見に行ったり結構探しましたが家を建てられる土地は、見つかりませんでした。

posted by 太り気味のママ at 11:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする